Tech Produce(テックプロデュース)

イノベーション・新規事業に必要な基礎知識 ~ポートフォリオマネジメント~

LINEで送る
Pocket

イノベーション・新規事業に必要な基礎知識

新規事業やイノベーションを推進している方々は、
どの様な施策を打てばよいかを日々、検討しているかと思います。

そこで本コラムでは、技術経営や経営工学などで用いられる用語を解説していきたいと思います。

 

 

ポートフォリオマネジメント(ポートフォリオ分析)とは

ポートフォリオマネジメントとは、縦軸を「市場成長率」、横軸を「相対的市場シェア」とし、
4象限のマトリックスを構成し、その中に各事業規模をプロットしていく手法です。

  • 問題児:「金のなる木」で得た資金を使い、シェアを上げて「花形」にする
  • 花形:成熟期に成長率が低下するまでに「金のなる木」に育てる
  • 負け犬:撤退の検討が必要な領域
  • 金のなる木:市場が衰退していくまでの稼ぎ頭

 

 

ポートフォリオマネジメント

 

 

目的・目標

ポートフォリオマネジメントの目的は、リスクの最小化と価値の最大化であり、
投資すべき対象の組合せとバランスの中で、
ポートフォリオ全体としてのリスク最小化と価値最大を実現することです。

 

ポイント

ポートフォリオマネジメントを活用し、適切な判断を行うには、
集めるべき情報を特定し、容易に情報を収集することができる
情報フローを構築していくことがポイントとなります。

 

課題

ポートフォリオマネジメントは、
他のプロジェクトとの相乗効果や戦略シナリオを時間軸で見ることができないため、
状況に応じた戦略立案手法を用いる点が課題となります。

 

 

まとめ

ポートフォリオマネジメントでは、
「市場の成長率」と「シェア」を把握し、
経営資源を分配する時の判断に使用することが目的です。

市場の変化が激しい中、
限られたリソースをいかに分配していくかは、
非常に重要な経営判断になるかと思います。

弊社では、イノベーション支援や新規事業支援を行うコンサルティングサービス、
または、調査サービスを提供しています。
興味がある方は、資料請求をお申し付け下さい。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

市場ニーズと解決方法である技術(シーズ)の関係性を見える化する独自のフレームワーク(イノベーションアーキテクチャモデル)を活用して、アイデア創発・座組構築・製品化/サービス化まで企画~実行まで地に足の着いた方法で新規事業開発を支援しています。
(イノベーション支援、新規事業支援、共創支援、自社技術の展開支援など)

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    メールフォールよりお気軽にお問い合わせ下さい。

    お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
    PAGE TOP