Tech Produce(テックプロデュース)

デジタルトランスフォーメーション(DX)の全体像を解き明かす

LINEで送る
Pocket

デジタルトランスフォーメーション(DX)に必要な要素とは?

多様な市場への対応、自社の成長、競争力強化などの為、
自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を
検討している方や実際に進めてて悩まれている方も多いかと思います。

弊社でも、企業様や研究機関様などから、
DX化構想のご相談を受けることがあり、ご支援させて頂いています。

そこで本コラムでは、DX化の目的や必要な技術などを解き明かし、
推進に必要な要素を考えたいと思います。

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

そもそもDXとは何でしょうか?

DXは、2004年にエリック・ストルターマン教授が提唱した
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」
といった概念です。
※意外と古くから概念的には存在していますね

日本では経済産業省が2018年に「DXレポート」を公開し、DX化を推進してきています。

経産省では、IDC Japan株式会社が定義している
下記内容をガイドラインなどで引用しています。

 

企業が外部エコシステム(顧客、市場)の破壊的な変化に対応しつつ、
内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、
第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、
ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用して、
新しい製品やサービス、新しいビジネス・モデルを通して、
ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、
競争上の優位性を確立すること

 

DXの目的とは?

DXの目的(目指すべき姿)とは何でしょうか?

上記の定義を考慮するとDXの目的は大きく下記2つだと考えられます

  • どこでも仕事ができる
  • 短時間で仕事が終わる

しかし、上記の目的だと従来のデジタル化と何が異なるのでしょうか?

筆者はデジタル化とDX化の1番の違いは、
DXでは価値創造(イノベーション)が行われる点だと考えます。

DXではイノベーションが伴うことにより、
従来のデジタル化ではバックオフィス業務が中心でしたが、
DXではフロントオフィス業務にも適用されております。

※フロントオフィス業務に拡大されたことにより、
 失敗事例なども増えておりますが、それは別の機会に述べたいと思います。

 

 

デジタルトランスフォーメーション

 

 

DXのテクノロジアーキテクチャモデル

DXの目的は、「どこでも仕事ができる」/「
短時間で仕事が終わる」であると定義しました。
では、これらを実現するためには、どの様な機能が必要でしょうか?

どこでも仕事ができる」ためには、下記の機能が必要となります。

  • どこからでも必要な情報にアクセスできる
  • リアルタイムにコミュニケーションがとれる
  • どこからでも現場の状況が把握できる
  • どこからでも設備を動かせる

短時間で仕事が終わる」ためには、下記の機能が必要となります。

  • モノを自動的に造る
  • 事務作業を自動的に処理する
  • 多くの情報を高速に処理する
  • モノを自動的に運ぶ

これらの機能に対する関連技術をテクノロジアーキテクチャモデル
(イノベーションアーキテクチャモデル)を使って整理すると下記になります。

このようにIDC Japanが定義した技術
(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)
以外にも必要な技術が見えてきました。

 

テクノロジアーキテクチャモデル(DX技術)

 

 

まとめ

DXは、価値創造(イノベーション)を伴う活動であることがわかりました。

また、テクノロジアーキテクチャモデルを用いることで、
必要な要素技術を明らかにしました。

弊社では、イノベーションアーキテクチャモデルを活用した
コンサルティングサービス、研修サービス、調査サービスを行っております。
ご興味をお持ちの方は、資料請求をお申し付け下さい。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

メールフォールよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP