Tech Produce(テックプロデュース)

イノベーションはどの様に普及するか?

LINEで送る
Pocket

イノベーションや新製品はどの様に普及するのでしょうか?

新製品や新サービスをリリースしても中々普及せず、
苦労されている方が多いのではないでしょうか?

本コラムでは、イノベーションの普及過程メカニズムを明らかにし、
新製品や新サービスの普及方法を考えていきたいと思います。

 

イノベーションの普及過程

イノベーションは、コミュニケーションチャンネル(マスメディア・対人)を投じて
時間過程の中で社会システムの社員の間に伝達されます。

 

 

イノベーションの普及過程

 

 

採用者のカテゴリ

採用者は、下記の5パターンに分かれます。

 

  • イノベータ(革新者)
  • アーリーアドプタ(初期採用者)
  • アーリーマジョリティ(初期多数派)
  • レイトマジョリティ(後期多数派)
  • ラガード(保守的な人)

 

イノベータ(革新者)

イノベータ(革新者)の特徴は下記の通りです。

  • 商品の目新しさや最先端技術など、
    「新しい」ことに価値を感じ、リスク許容度が高い
  • 科学的な情報源に近く、他のイノベータとも交流する
  • 年齢が若く、社会階級が高く、経済的に豊かで、社交的な傾向がある

 

 

アーリーアドプタ(初期採用者)

アーリーアドプタ(初期採用者)の特徴は下記の通りです。

  • イノベータよりも取捨選択を賢明に行い、
    商品・サービスの「新しい」ことにだけでは採用せず、
    ベネフィット(価値・恩恵)に着目し、良いと判断したものを採用
  • オピニオンリーダ・インフルエンサとも言われ、周囲に対する影響度が最も高い
  • 年齢は比較的若く、社会階級が高く経済的に豊かで、教育水準は高く、社交性も高い傾向がある

 

 

アーリーマジョリティ(初期多数派)

アーリーマジョリティ(初期多数派)の特徴は下記の通りです。

  • 一定の時間が経ってから商品・サービスの採用を行う
  • アーリーアダプタとの接点も多く、市場全体へ浸透する橋渡し的存在
    (ブリッジピープル)

 

 

レイトマジョリティ(後期多数派)

レイトマジョリティ(後期多数派)の特徴は下記の通りです。

  • イノベーションの普及を懐疑的に見る傾向があり、
    多くの人が採用した後に採用を行う
  • 社会階級は平均未満で、経済的な見通しは低く、
    社会的な影響力は低い傾向がある

 

 

ラガード(保守的な人)

ラガード(保守的な人)の特徴は下記の通りです。

  • 変化を嫌い、最も保守的な層で、
    伝統的・文化的なレベルとなるまで採用を検討しない
  • 社会的な影響力は極めて低い

 

 

キャズム

初期市場(イノベータ、アーリーアドプタ)とメインストリーム市場
(アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガード)の間には
消費者の価値感の違いから、「キャズム」と呼ばれる深い溝があります。

このキャズム前後では、採用者の価値観が異なる為、
イノベーション製品・サービスの普及において、大きな壁となります。

 

 

キャズム

 

 

キャズムの克服方法

ではキャズムを超えて、普及率を上げていくにはどうしたらよいのでしょうか?

そのためには、「アーリーアドプタ」と「アーリーマジョリティ」との
価値観の違いを理解しなければなりません。

  • アーリーアドプタの価値観:「製品・サービス自体は先進的か?」
    (他社・他者に先行できるか?)
  • アーリーマジョリティの価値観:「製品・サービスは安全なのか?」
    (実績はあるのか?・No.1製品か?)

 

上記の様に実利重視のアーリーマジョリティに売込むには、
販売重視(売上重視)でなく、
マーケットを重視(市場の創造・発見)する必要があります。
(アーリーマジョリティは、割高でもNo.1製品を購入する)

また、ニッチ市場に集中するのも効果的です。
(ターゲットカを定め、彼らが抱えている問題を解決する)

 

まとめ

本コラムでは、イノベーションの普及モデル及び
イノベーションの普及を壁となっている「キャズム」について解説しました。

キャズムを克服するには、下記の2つが有効です。

  • 販売重視(売上重視)でなく、マーケットを重視(市場の創造・発見)する
  • ニッチ市場に集中する

弊社では、イノベーション支援や新規事業支援を行うコンサルティングサービス、
または、調査サービスを提供しています。
興味がある方は、資料請求をお申し付け下さい。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

メールフォールよりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP